2012年10月09日

山中氏ノーベル賞

京都大学教授の山中伸弥(やまなかしんや)氏がノーベル生理学・医学賞を受賞した。快挙である。というかiiPS細胞を発見したという偉業を思えば当然だろうね。本当にすごいことだよ。女性から精子を、男性から卵子を作ることも可能だっていうんだ。SF映画の世界がまた一歩現実のものとなったんだからね。

朝日社説「山中さん受賞―若い力の挑戦が実った

 世界に先駆けてiPS細胞を開発した山中伸弥・京都大教授に、ノーベル医学生理学賞が贈られることになった。山中さんが最初に発表したのは06年、それからわずか6年だが、業績の大きさから、受賞は時間の問題とされてきた。世界の人たちに貢献できる研究が評価されたことを喜びたい。ノーベル賞は何十年も前の発見に贈られることが多い。今回は今も続く最先端研究への授賞だ。同世代の研究者や後に続く人にも、大きな励みになる。山中さんの成果は、皮膚など普通の細胞に四つの遺伝子を入れるだけで、心臓でも筋肉でもどんな細胞にでもなれる万能細胞ができる、というものだ。まさに魔法のような方法で、発表後、世界中の研究者が半信半疑だったのも無理はない。だが、その結果が米国で確認されるや、あっという間に激しい研究競争が始まり、医療への応用に期待がかかる。従来、万能性を持った細胞を得るには受精卵を壊すしかなく、倫理的な問題があった。これならその心配はない。」

読売社説「ノーベル賞 山中氏への支援体制を手厚く

 山中伸弥・京都大教授に、今年のノーベル生理学・医学賞が贈られることになった。その栄誉を称(たた)え、心から喜びたい。日本人が生理学・医学賞を受賞するのは、1987年の利根川進博士以来、25年ぶりである。山中教授の授賞理由は、皮膚などの体細胞を、生命の始まりである受精直後の真っさらな状態に戻す「体細胞初期化」技術を開発したことだ。同じ分野の先達である英国のジョン・ガードン博士との共同受賞となる。受精した細胞は、成長するにつれ、様々な組織や臓器の細胞に分化し、次第に老いてゆく。一方向にしか進まないこの過程を逆戻りさせたのが山中教授の研究だ。画期的な業績である。山中教授は、2006年に成果を発表した後、毎年、ノーベル賞受賞者予想で筆頭に挙げられてきた。6年でのスピード受賞となったのは、医療への応用に高い期待があるからだろう。山中教授の技術で初期化された細胞は「iPS細胞(新型万能細胞)」と呼ばれる。病気やケガで傷んだ臓器や組織を、iPS細胞で作った細胞で置き換える「再生医療」も、もはや夢ではない」

ところで、iPS細胞ってなに?
posted by すぐ落ちます at 00:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

ジョブズ氏逝く

スティーブ・ジョブズ氏が亡くなった。56歳という若さだ。本当に惜しい人を亡くした。

朝日社説ジョブズ氏逝く―世界を2度変えた男

 かつて、これほど世界中の人々から、死を惜しまれた企業経営者がいただろうか。アップルの共同創業者で、前最高経営責任者(CEO)のスティーブ・ジョブズ氏が、56歳で死去した。

 「Think different」(発想を変える)

 ジョブズ氏がアップルに復帰し、97年から展開したキャンペーンのコピーである。アインシュタインやガンジーらの映像を使ったCMのナレーションは、こう締めくくられる。「自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが、本当に世界を変えているのだから」 それは、まさにジョブズ氏の歩みでもあった。

 ジョブズ氏は創業翌年の77年にアップル2を、84年にはマッキントッシュを発売し、世界的ヒットを飛ばす。そこには、大企業のものだったコンピューターの世界を個人の手にもたらすというカウンターカルチャーの気風が色濃く投影されていた。85年に会社を追放された。

 10年余りを経て復帰した後はiMac、iPod、iPhone、iPadと、新たなコンセプトを持つ製品を送り出し、アップルを復活させただけでなく、人々の暮らしに多大な変化をもたらした。ジョブズ氏は少なくとも世界を2度変えた。特筆すべきは、そのビジネスモデルだ。「ものづくりではもうからない」と言われる時代にアップルは一貫してソフトとハードを統合した事業を続けた。ジョブズ氏はあらゆる製品で、デザインや使いやすさに徹底的にこだわった。

 そのうえで、自社では工場を持たない。少品種の製品に絞り込みつつ、日本を含む世界中の企業から最適な部材を調達することで、メーカーとして極めて高い収益率を維持した。ものづくりを得意としながら収益悪化に苦しむ日本企業は、改めて商品コンセプトの革新性とデザインへの審美眼を学ぶしかあるまい。アップルはアップストアのようにソフトを配信する独自のサイトを設け、自社の端末で楽しんでもらう囲い込み型ビジネスで商品の価値を高めてきた。

 今後、テレビをはじめとした家電や自動車、オフィス用品など様々な機器がオープンな形でインターネットに接続する時代が到来する。そのとき、アップルは囲い込み型ビジネスモデルからどう発展していくのか。新しい製品を紹介する際の決まり文句だった「それから、もうひとつ」をもはや聞けないのが、残念でならない。」
posted by すぐ落ちます at 13:13| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

島田紳助引退



今日は社説じゃないんだけど多少驚いたニュースだったので載せてみる。あの島田伸介が昨夜引退記者会見を開いた。またなんかやっちゃったのかなと思って見てた。テレビでは引っ張りだこの人気芸人だっただけに多少残念だよね。暴力団関係者との交際があったという週刊誌記事に呼応したものらしい。相手の暴力団関係者とは元プロボクシング世界チャンピオンの渡辺二郎だね。以前、起訴された渡辺の裁判で伸助が情状酌量を願い出たことがあるからね。

読売記事島田紳助さん引退、暴力団関係者と親密交際 人気タレントの島田紳助さん(55)が23日夜、所属する吉本興業の東京本部で記者会見し、暴力団関係者と親密な交際をしていたことを理由に、同日限りで芸能活動を引退することを明らかにした。

 関係者によると、島田さんが、未公開株売買を巡り恐喝未遂罪に問われている元プロボクシング世界王者・渡辺二郎被告(56)(大阪高裁で実刑判決を受け、上告中)と携帯電話のメールをやり取りしていたことが判明。

 2005年6月頃から07年6月頃までのメールに、島田さんが、競売入札妨害や強制執行妨害などの容疑で大阪府警に逮捕された暴力団幹部を心配する心境を記したり、自身が経営する飲食店で同幹部が高額の注文をしてくれたことを感謝したりする内容が含まれていたという。

 島田さんは「僕の中に悪いことしてる意識はなかった。吉本興業には自分より後輩が800人ぐらいいる。彼らに示しがつかないので、一番厳しい処分として引退することにした。明日からは普通の人にもどって静かに暮らしたい」と述べた。(2011年8月23日22時53分 読売新聞)」

島田伸助は頭がいいと思う。そう思う人も多いはず。各局の名物番組のMC(司会)を勤め視聴率を稼ぎ出す売れっ子だよね。あのしゃべりのスピード感と的を得た突っ込みは見ていて確かに面白いもんね。明石家さんまや所ジョージとも違うスタンスでもっている気がする。媚びないからね。さて、彼が引退するのは後輩に示しをつけるということらしいけど、何を考えてるのかな?これから何をするのかな?これで本当に終わるつもりかな?疑問は尽きないところだ。おそらく真相は本で書くんだろうけどね。個人的には残念だよね。まあいつのまにか消えていく芸人が多い中で幸せな引退だろうね。今後の動向に注目したいね。

週刊誌がウソを書きまくりなのはいまさら始まったことじゃないんだけどさ。これを非難するコメントも出してはいる。だけどそんなことは伸助ぐらいになると計算の上なんじゃないのかな。週刊誌の記事は半分にして読まないとね。面白おかしく作っちゃってるんだからね。書くネタがなくなると引っ張り出して記事をでっち上げるんだからさ。ここ数ヶ月は震災関連の記事でもってたんだろうけどネタが尽きたんだね。それを上手に利用しちゃったってことかもな。伸助のことだからだいぶ貯め込んでると思うよ。これからは事業主かな?

pen_red.gif 渡辺二郎って?

pen_red.gif 吉本からの告知
posted by すぐ落ちます at 06:30| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

スティーブ・ジョブス


先ごろ元気な姿を見せたアップル社のCEOスティーブ・ジョブスのスタンフォード大卒業記念のスピーチだ。脳科学者である茂木健一郎さんの著書「感動する脳」という本を読んでいた。その本のテーマは「感動」。「感動」で検索したらあるブログサイトが上位に表示された。ブログには丁寧な和訳が載っているから読んでみてくれ。

pen_red.gif スティーブ・ジョブス伝説のスピーチ

自分の経歴を3つの話題にして話している。スピーチはこのパターンがいいのかもしれないな。簡潔にまとめられた内容だと思う。最後に何度か繰り返して言っているのが「Stay Hungry,Stay Foolish(ハングリーであれ、バカであれ)」ってこと。あきらめないで好きなことを辛抱強く続けなさい、人生は短いということを説いているのかな。それにしてもある意味奇異な生い立ちからここに立って演説しているCEOの姿は正に人生は不思議だと思うね。

ヒアリングにも挑戦してみてくれ。意外にもわかりやすい英語だぜ。
posted by すぐ落ちます at 00:46| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

義家弘介氏について

義家弘介氏の当選はほんとうに嬉しいニュースだった。でもそれを快く思わない人たちも存在することを今回知ることとなった。その人たちのブログ記事を読ませてもらった。どれも感情論と噂の域を脱しないものばかりだったんだよね。単に嫌い!とかどう読み返して妬みにしか思えない記事なんだ。今日の昼間かな?一馬さんって方からコメントをいただいた。

「私も義家さんの支持者です。最近義家さんに対する悪意に満ちた記事も見ますが、私の義家さんに対する結論は白です。でも快く思わない人たちも存在するんですね。検索してみてください、面白いほど出てきますよ。内容は挙げ足取りの羅列で悪意に満ちたものばかりです。かつてこんな人たちが北朝鮮へ渡ったのでしょうね。今後の義家さんを一緒に見守りましょう!」
            Posted by 一馬 at 2007年07月31日 12:13

一馬さん、コメント有難うございます。オイラの考え方はこうです。義家さんは確かに奇抜な経歴を持っています。著名になられてからも、大人社会における発言としては感情的で無鉄砲なものが多々あると感じています。でも彼には「情熱・発想力・行動力」があります。それも並外れた力をもったものなのです。成功者の資質として、また大事を成し遂げる人物として、この要素は必要不可欠なものだとオイラは思っています。

現在、義家さんは彼自身が実現したいと思っている世界の入り口に立ったに過ぎません。これからが本当の勝負なのだと彼もオイラも知っています。それに対して誹謗中傷の声があったところでなんでしょう?その先にあるものにこれから挑まなければならないのです。誹謗中傷など相手にする必要もないと思っています。

成功する人々には必ず付いてまわるものです。芽の出ない人間が、芽を出して伸びようとする人間の足を引っ張ろうとしているだけなのです。残念なことですが、今回義家さんに対し誹謗中傷記事を載せ続ける人たちは「芽の出ない人間」だとオイラは思っています。そんな人たちと事実関係の有無や精神論を戦わせるのは全くもって時間の浪費に過ぎません。(←これっていわゆる問題発言ってやつね)ネタ探して薄ら笑いしている不気味さは言うまでもありません。

成功へ向かう人たちは後ろを向きません。前を向いています。だからオイラは、疑わずに義家さんを見ています。(すぐ落ちこの辺で壊れます)とかいってもブッチャケ、オイラに何ができるわけでもないんだけどね。つか誹謗中傷のネタ探してるヒマあったら自分のこと心配してろって思うけどな。ほんとお気の毒だね。もっとお気の毒なのは誹謗ネタの尻馬に乗ってる輩ね、もう救いようがないね。つーか一馬さんさぁ、「かつてこんな人たちが北朝鮮へ渡ったのでしょうね。」ってのはちとヤバくないっすか?死人に鞭打つようなことはこの際やめましょう(藁)。つか上部の「楽待」のバナーでもクリックしてみてくれや、オッサン!

(参考サイト)
http://www.yoshiie-hiroyuki.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/義家弘介
http://www20.atwiki.jp/mekemekedash/
http://www.hikoboshi.com/eba/inori/inori256Yoshiie.htm
ラベル:義家 弘介
posted by すぐ落ちます at 20:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このブログの記事の無断転載はご遠慮ください。また、引用記事の著作権は引用先にあります。