2013年08月03日

社会保障改革

 国が負担する医療費や介護支援、年金、生活保護なんかの社会保障の体制が、だいぶ前から現状に合わなくなってきている。少子高齢化によりバランスが崩れ、もはや待ったなしの選択を迫られているんだ。老人から金をむしりとるのか?いや、むしりとられているのは若年層だ!どちらの声も聞こえてきそうだけど仲良く和解してもらうためには今すぐ改革が必要なんだ。

 それが今まで先送りされてきた結果が今なんだね。選挙のときは福祉を高らかにうたっていれば、有権者の数から見ても老人や低所得者に有利な話を持ち上げるのが得策なんだ。当選しちゃえばこっちのもんだとばかりに背を向ける候補者。でもそれがもう限界なんですってなんでいえないのか?日本の政治家は自分の議員でいる期間さえ乗り切れたら高額の報酬をもらって引退だろ?おいらはそこから正すべきだと思うんだけどね。

毎日社説社会保障改革 政治が応える番だ

 政府の社会保障制度改革国民会議が改革案をまとめ公表した。「負担は現役世代、給付は高齢者へ」という年齢を軸にした現行制度を見直し、能力に応じた負担と給付への転換を打ち出したのが特徴だ。

 具体的には低所得者の国民健康保険料、介護保険料を軽減する一方で、高齢層でも所得の高い人には介護保険サービスの自己負担増、基礎年金給付の減額のほか、公的年金等控除や遺族年金への非課税措置の見直しにも言及した。現役世代も財政に比較的余裕のある国保組合への公費定率補助の廃止、平均年収の高い企業の従業員負担が重くなる「総報酬割り」の実施が盛り込まれた。

 全体的に厳しい内容だ。高齢者の反発を招きそうな改革から逃げ続けている政治にできるだろうか。70〜74歳の医療費自己負担を1割から2割へ上げることすら、決めておきながら実施できないのである。ねじれ国会が解消され、しばらく国政選挙がない時期にできなければ、痛みを伴う改革などできないだろう。

 個々の負担ばかりに目を奪われるが、今回の目玉は医療・介護の改革だ。民主党政権下の一体改革では消費増税に伴い基礎年金の税負担を2分の1へ引き上げ、子育て支援の拡充が決められたが、年金以上に費用が膨張する医療や介護は手つかずだった。年金給付費の対国内総生産(GDP)比は2012年度の11.2%から25年度は9.9%と低下するが、医療給付費は7.3%から8.8%へ、介護給付費は1.8%から3.2%へと増加するのである。

 日本の医療の特徴は病床数が多く入院期間が長いことだ。改革案は「病院完結型」から、医療・介護・住まい・自立生活などの支援がつながる「地域完結型」への転換を提示し、医療供給体制の改革を本丸と位置づけた。都道府県が医療機能ごとの必要量を示す地域医療ビジョンを策定し、医師・診療科や高額医療機器の偏在の是正を図るとともに、医療法人と社会福祉法人の再編や統合を容易にして医療と介護を切れ目なく提供できる体制整備を進めることを求める。

 年金については現行制度の手直しが基調で、抜本改革派からは「踏み込み不足」などの批判もあるが、社会保険方式の意義、世代間公平論や連帯のあり方、家族や雇用の変化との関連にも踏み込み、現行制度に対するさまざまな批判や疑問に答えている。年金制度自体が複雑で、わずか8カ月の議論でまとめた同会議の報告書も専門用語があって平易とは言い難いが、年金を政争の具にせず現実的な改革の実行を求める研究者らの意欲は感じられる。やはり問われているのは政治である。」

産経社説社会保障国民会議 今度こそ骨抜き許されぬ

 政府の「社会保障制度改革国民会議」がまとめた最終報告書案の最大の成果は、高齢者を含め、支払い能力に応じて負担する制度に切り替える必要性を打ち出したことにある。社会保障費は高齢化の進行や医療技術の進歩で毎年1兆円規模で伸び続け、勤労世代の負担は限界に達しつつある。財源の不足分を国の借金で穴埋めする将来世代への「つけ回し」もやめなければならない。

 報告書案は、少子高齢社会を乗り切るための大きな一歩と位置付ける必要がある。具体策として、一律1割となっている介護保険の自己負担の見直しや要介護度の低い「要支援」のサービス対象からの切り離し、高所得者の年金課税強化などを挙げた。デフレ経済下での年金減額の仕組みの導入や、70〜74歳の医療費窓口負担割合を早期に2割へ引き上げることも求めている。高齢者医療への支援金については、収入の高い大企業社員らが加入する健保組合の負担を増やす必要性を指摘した。

 いずれも長年検討が重ねられてきた課題だ。膨らみ続ける年金、医療、介護費用を抑制するには、高齢者や高所得者を中心に痛みを求めざるを得ない。もう一つの成果は、民主党が掲げてきた「最低保障年金」や「後期高齢者医療制度の廃止」を盛り込まなかったことである。

国民会議は民主党政権下で、自民、公明両党との3党合意に基づいて設置された。だが、非現実的な最低保障年金などを自民党は受け入れず、中途半端で無責任な状態が続いていた。論争に決着がついた以上、現実的な改革案づくりを加速するときだ。

 国民会議は報告書案を週明けにも正式決定し、安倍晋三首相に提出する。課題はこれらをどう実現に結びつけるかだ。政府・与党は今後、改革メニューにさらなる検討を加える。懸念は、歴代政権の多くにみられたように、高齢者などの負担増について、支持団体や有権者の反発を恐れて骨抜きにしてしまうことだ。

 これからが本番の少子高齢化を前に本格的な改革に着手しなければ、団塊世代の高齢化に間に合わず、社会保障制度そのものの維持も危うくなる。安倍政権は報告書を「ラストチャンス」と位置づけて改革に邁進(まいしん)すべきだ。」
posted by すぐ落ちます at 14:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

生活保護

昨夜NHKのニュースで生活保護の実態調査結果を知らせていた。長引く不況の末、生活保護の支給額よりも働いている人の収入が少ないといった現状が明らかになった。これは生活保護審議会が調査した結果を公表したもので、丁度今年が見直しの年になっているからだ。現状に合わないということだね。でも毎年3兆円を超える額が生活保護に支給されている実態はおそろしいものがあるよね。他の国もこんな額払っているのだろうか?疑問に思える。読売と朝日の社説を読んでみよう。

読売社説「生活保護費 支給基準の適正化が必要だ(1月17日付・読売社説)

 厚生労働省の社会保障審議会が、生活保護費の検証結果を公表した。

 生活保護のうち、食費など生活費を賄う生活扶助の支給額が、一般の低所得世帯の生活費支出を上回る逆転現象が一部に起きていた。背景には、デフレ下で一般の賃金水準が低下したことがある。生活扶助の基準は、原油価格の高騰などを考慮し、2004年度の引き下げ後は据え置かれてきた。

 国民の公平感を損なわないためにも、生活保護費の適正化は必要だ。所得水準の低下に応じ、保護費の引き下げはやむを得ない。ただし、高齢者世帯への支給額については、生活保護を受けていない低所得者の生活費より低いとの結果だった。一律に保護費を引き下げるべきではないだろう。

 留意すべきなのは、生活保護の基準が最低賃金などに連動している点だ。生活保護費の引き下げが、最低賃金を低い水準にとどめる事態は避けねばならない。生活保護に頼ることなく、懸命に働いている人たちへの配慮が求められよう。

 長引く不況で、生活保護の受給者は急増している。本来は働ける世代が生活保護を受けるようになる例が目立つのは問題である。経済的に困窮した人たちの自立を後押しする施策も重要だ。厚労省の審議会は、生活困窮者への就労支援策もまとめた。

 生活困窮者は、生活保護を受給していないものの、低所得で生活保護に追い込まれる可能性がある人たちだ。これまで行政の目が届きにくかったケースへの支援策を打ち出したことは評価できる。新たな就労支援の一つが「中間的就労」だ。対人関係を築くのが苦手なために、すぐには就労できない人を対象とする。介護施設での介護補助や清掃、リサイクル活動への参加などで訓練を積み、本格的な就労につなげるという。

 現在は一部の自治体や施設に限定されている職業訓練の場を広げていくことも大切だ。住居の確保は欠かせない。離職によって社員寮などから退去を余儀なくされ、住まいを失う人は少なくない。求職活動を行うことを条件に家賃を補助する住宅手当が、臨時の予算措置として2009年から導入された。この支給を受けた人の半数以上が再就職できた。手当を恒久制度化してはどうか。

 自民、公明両党の連立政権合意では、生活保護受給者の就労支援を進めることも明記している。着実に進めてもらいたい。」

朝日社説「生活保護―子どもの貧困に光を

 貧困家庭の子どもたちのことを考えれば、生活保護の引き下げは慎重に対応すべきだ。厚生労働省が、生活保護世帯の生活費(生活扶助額)の検証結果を公表した。年収が下から10%の低所得世帯と比べ、生活保護世帯の暮らしぶりが高すぎたり、低すぎたりしないようにするためだ。検証によると、子どもがいる夫婦世帯や母子世帯では、生活扶助額の方が低所得世帯の消費支出より多かった。

 生活扶助費が子どもの数に応じて増えるのに対し、賃金はそれで増えるわけではないので、差が開いてしまうようだ。自民党は総選挙で生活保護基準の1割カットを掲げ、田村厚生労働相も引き下げる方針を示している。一方、連立を組む公明党は慎重だ。実際の基準は新年度予算の編成で決まる。保護を受けていない世帯が働く意欲を失わないよう、バランスをとることは必要だ。

 ただ単純な引き下げでは、子どもを持つ生活保護世帯の生活が一気に苦しくなりかねない。生活保護基準が下がれば、一般の低所得者世帯への影響もある。就学援助などの利用条件も厳しくなるからだ。所得が低い世帯で育つと、教育を受ける機会などで不利になり、安定した仕事が見つけにくい。生活保護を受ける世帯主の4人に1人は、自ら育った家庭も生活保護世帯という調査結果もある。「貧困の連鎖」を防ぐためにも、教育を含め子どもの成長にかかわる基本的な環境は社会が整えなければならない。

 成育環境が原因で、子どもが才能を開花させられないとしたら、社会にとって損失だ。お金を渡せば解決する問題でもない。勉強だけでなく、社会で生きる知恵を伝え、自立まで継続的にかかわる。そんな場づくりが必要だ。厚労省は、より広い範囲の生活困窮者を対象にした支援策を検討中で、子ども・若者の貧困防止は重要な柱だ。将来の生活保護費を減らすためにも、必要な財源を確保し、社会全体で取り組む必要がある。

 一方、安倍政権は祖父母が孫に教育資金をまとめて贈った場合、贈与税がかからない減税案を検討中だ。 現役世代にお金が回り消費を活性化する面はあろう。だが、裕福な祖父母を持つ子どもと、そうでない子どもの格差は拡大するだろう。「自分の孫」だけでなく、すべての子どもの育ちを支える社会でありたい。」
posted by すぐ落ちます at 14:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

河本さん騒動

不正受給ってのは、国家に対する詐欺行為となるわけだよな。生活保護のほかに、職をなくした場合には一定期間、雇用保険が適応される。これも不正受給と判明すれば返還請求された上に、最悪の場合は詐欺で訴えられることになっている。今回の河本さんの場合、扶養義務がどこまであるのかってことが争点みたいだな。まあ最近売れてきたとはいってもそれほどの資産はないんだろうね。でも親に送金するぐらいできただろというのがマスコミや世間一般の意見ではあるね。記者会見では謝っていたけど、あれって吉本興業の入れ知恵もあるんだろうね。話を大きくするとまずいだろうしね。毎日社説を読んでみよう。

毎日社説「社説:河本さん騒動 生活保護の本質誤るな

 「補足性の原理」が生活保護の柱だ。収入や貯蓄や資産はないか、換金できる有価証券や貴金属や車はないか、親族からの援助を受けられないか。そうしたことを調べ尽くした上でなお生活が苦しい人に「健康で文化的な最低限度の生活」を保障するのが生活保護である。

 お笑いコンビ「次長課長」の河本準一さんの母親の場合はどうだったのか。女手一つで子どもを育て上げ、14〜15年前に病気で仕事を辞めてから生活保護を受給してきたという。民法は祖父母、父母、子、孫など直系の血族と兄弟姉妹について扶養義務を定めており、河本さんも福祉事務所から扶養の可否について問い合わせを受けた。「芸人になったばかりで当時の年収は100万円を切っていた。できないと書いて送り返した」。テレビ出演など仕事が増えた5〜6年前から「福祉事務所と相談して母親への援助額を増やし、問題ないと思っていた」というのが記者会見での河本さんの説明だ。

 レギュラー番組が10本ともいわれる売れっ子芸人となった河本さん、母親のことを書いた本はベストセラーとなり、母親をお笑いのネタにもしているというのだから、扶養義務を果たさないのはおかしい。

 こういうケースは河本さんだけではないだろう。小宮山洋子厚生労働相は受給者の親族が扶養できない場合、その理由を証明する義務を親族に課すことを検討しているという。雇用危機の影響などで生活保護は受給者が増え続け、総額3兆円を超えるまでになった。不正や不適切な受給をなくしていくことは必要だ。

 ただ、現実は生活が困窮状態にあっても保護を受けられない人の方がはるかに多いことを忘れてはならない。実際に親族の扶養が期待できない状況でも「親族がいる」というだけで受給を認められない、親族に迷惑が及ぶのを恐れて自ら申請しないというケースは多い。扶養義務を厳格にするだけでは解決にはならないだろう。一部の不正や不適切な事例のために、本来は必要なのに手が届いていない人たちの存在を黙殺してはならない。

 生活保護は国家による「最後のセーフティーネット」である。雇用や年金や住宅政策が不十分なため最初から生活保護に頼らざるを得ない人々が増え、給付費が膨張しているのだ。不正受給は給付費増の原因の一部に過ぎない。ほかの制度との役割分担を明確にし、国民が信頼するに値する「最後のセーフティーネット」にしなければならない。」

(参考に)
WIKI(生活保護)
生活保護の解説
生活保護をむさぼる在日外人
posted by すぐ落ちます at 06:13| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このブログの記事の無断転載はご遠慮ください。また、引用記事の著作権は引用先にあります。