2012年05月08日

テレカどーした?

社説とは関係ないんだけどさ。テレホンカード(以下テレカと呼ぶ)の処分に困っている人に朗報かな?と思って今書いてみた。実はおいらそのテレカを現在60枚ぐらい持っているわけよ。別にマニアでもなんでもないんだけどもらったり買ったりしたのがあったわけね。連休中に掃除していて見つけたんだ。おいらのは50度数だから1枚500円したのかな?それが60枚。3万円の価値はかつてあったわけだけど、プレミアのつくようなものは一切なし(汗)

さて本題に入ろう。

これをどうしたら一番いいのか?買い取りショップやネット買取りなんかを調べてみたんだけど1枚150円とか180円とかで「はぁ?」っていう値がついているわけよ。半額以下じゃん。ダメじゃん。まあ捨てるよっかいいかってことで売っちゃう人も多いんだろうけどさ。もっといい方法ないのかなあと、検索してみた。そしてみつけた。やっぱそうだったか。NTTに買ってもらえばいいんだよ。NTTに電話して直接聞いた話なので間違いないぜ。

え?買ってくれるの?

それ一番だろ。でも多少条件がつく。

NTTが買ってくれる。だけど現金にはならない。

なーんだ orz で、どーすんだよ?

よく読んでくれよ、おっさん。

簡単に言うとな。未使用のテレカをNTTの担当する部署に送ると、その分をおっさんのNTT固定電話契約番号の通話料金から差し引いてくれるんだ。その際テレカ1枚について50円の手数料が引かれるそうだ。つまり50度数のテレカなら450円分がNTT電話の「通話料金」から差し引かれるってことだ。なぜNTTってわざわざ書いているかというと、電話契約会社はNTTに限るからだ。KDDIや他の会社と契約していたら、このサービスは利用できないってことなんだな(ここ重要)。

それと、固定電話での「通話料」って書いたのは、毎月の請求書にある「契約基本料」、「通話料」、「その他のサービス(104等)」の中の「通話料」についてのみ適応される。ここも、まあ重要。

いいこと聞いたな、おっさん。


じゃ、具体的にどうすんだ?って思うだろ?

まずは、「116」に電話してくれ。すると若い女性(多分)、が出て親切に教えてくれる。そしておっさんの固定電話の番号や申込書の送付先住所を聞いてくる。すると3日ぐらいでNTTから封書が送られてくるだろう。その申込用紙に必要事項を記入して、「未使用のテレカを同封」して指定住所に送る(ただし郵送料は個人負担)。そんでやることは終わり。電話料金を銀行引き落としにしている場合も対応しているそうだから大丈夫だ。送られてくる申込書をよく読んで適宜対応してくれ。(NTT各支局での受付は平成12年3月末で終了したそうだから持込は不可だぜ。)

携帯電話でもできんのか?って声も聞こえてくるけど、それは116に電話して聞いてみてくれ。できたとしても、おそらくdocomoだけだろうな。おいらの場合、これで3万円分ぐらいが電話代として使えることになった。この不景気にけっこう大きいぜ。会社や商店でも有効活用できそうだな。

余談だけど、考えてみたらNTTのテレカって、かつては毎月数億枚が発行されて全国で流通したんだよな。個人でも使っただろうけど会社の営業用としてもすごい数出ていたはずだ。それで使っていないわけだよ。NTTってテレカでそうとう儲けたはずだよな。だって前払いのプリペイドだぜ(同じ意味か)。でもNTTはこのサービスについては宣伝は一切していない。NTTのホームページの片隅には出ていた。公衆電話に関するお問い合わせのとこだったかな。まあ、そりゃそうだろうな、とは思うけどな。

さて、買取屋にテレカを持ち込んで二束三文で買い叩かれるよっかマシな気はするな。でも買取屋のその後の動向も気になる、安く買い叩いてそれをNTTの電話代にしちゃえば、いい商売になるかも。と思ったら、とうの昔にやってるんだって。テレカ高価買取なんて広告出してるとこなんかそうなんだろうな。これを情報商材としてヤフオクで売ってたやつもいるってんだから笑うよ。頭いいやついるもんだぜ。

長くなったけどいい話だろ?お?

まだ持ってたら是非やってみてくれ。

ええ話やなぁと思ったら、右のバナーでもクリックしてくれや、おっさん。

pen_red.gif 関連情報 All About
posted by すぐ落ちます at 16:45| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このブログの記事の無断転載はご遠慮ください。また、引用記事の著作権は引用先にあります。