2015年02月09日

平凡な日々

 最近思うことがあるんだよね。それは何のために毎日こんなことやってるんだろ?ってこと。朝起きて眠い眼をこすりながら職場へ向かう。昼飯食って午後の仕事。やっと帰れる時間になって帰宅。毎日その連続だわ。週末なんてあっと言う間に終わる。おいら何やってんだろ?

 でもこれはぜいたくなんだってね。つまり平凡こそは自分が求めてきたもの。人並みな生活を送ることが目標だったってことだろうな。人並みな生活ってさ、大変なんだよ。そこまでたどり着くのも苦労の連続で現在の地位や賃金も一朝一夕ってわけには実現しなかったわけだよ。だけど、何やってんだろ?ってなるわけよ。ある日急に全てが違うんじゃないか?なんて疑問が湧いてきたりする。それって何なんだろうね。

 北野武さんの本の中に時々出てくるのが「振り子理論」。人生は時計の振り子のようなもので、いいことと悪いことが交互にやってくるっていう経験値から来る論理だな。確かにそうだけどこれって見ていて平凡だよね。催眠術で「あなたは眠くなる」って目の前で振り子をブラブラさせるぐらい平凡なんだよ。これって人間が眠くなる状況なのかもしれない。職場と自宅の往復で、まるで振り子だよ。

 でもそれは外から見た現実で中では日々葛藤の連続なわけだ。結婚したり子供ができたりっていう変化も全てこの状況の中に封じ込まれている。その中で年老いていくわけだ。結論も出ないことだけどこんなこと考えてみるのもいいんじゃない?
ラベル:平凡 振り子 人生
posted by すぐ落ちます at 19:20| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おい、グオチ。社説載せろよ。以上。
Posted by まさお at 2015年02月11日 19:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

このブログの記事の無断転載はご遠慮ください。また、引用記事の著作権は引用先にあります。