2014年07月22日

マクドナルド大ピンチ

毎日新聞「中国:期限切れ肉、マック納入報道 上海の米系会社、当局が調査

【上海・隅俊之】中国・上海にある米系食肉加工会社「上海福喜食品」がマクドナルドやケンタッキーフライドチキン(KFC)などに品質期限の切れた鶏肉などの加工食品を納入したり工場で床に落ちたハンバーガー用のパテを素手で生産ラインに戻したりしていた、と中国メディアが20日、伝えた。上海の衛生当局が調査に乗り出した。

 上海のテレビ局「東方衛視」が同社品質管理部門の元担当者の話をもとに伝えた。報道によると、上海市郊外にある同社工場では、品質期限を半月近く過ぎた鶏肉を混ぜてナゲットなどを生産。不合格品も5%の割合で生産ラインに戻して再びミンチにしていた。品質期限を7カ月過ぎて変色した牛肉を使ったケースもあった。出荷の際には生産日時も改ざんしていた。

 中国マクドナルドは全国のチェーン店に対し「上海福喜食品」製加工肉の使用停止を指示。KFCは福建省の一部店舗以外では問題の加工肉は使っていない、と中国版ツイッター「微博」で説明した。」

毎日新聞「<マクドナルド>ナゲット販売一部中止 期限切れ鶏肉混入か

 日本マクドナルドは22日、チキンマックナゲットの販売を一部で中止したと発表した。仕入れ先である中国の「上海福喜食品」で、使用期限切れの鶏肉を混入していた疑いが浮上したため。国内で販売する同ナゲットの約2割を上海福喜から輸入していたという。」

マクドナルドのコメント


お客様へ

いつもマクドナルドをご利用頂き、ありがとうございます。

7月20日夜、中国の一部メディアにおいて、マクドナルドのサプライヤーの一つである「上海福喜食品有限公司」が使用期限切れの鶏肉を混入させた「チキンマックナゲット」を製造していたとの報道がございました。

日本マクドナルドは、「上海福喜食品有限公司」から、国内で使用する「チキンマックナゲット」の約2割を輸入しておりましたが、報道を把握した21日をもちまして該当の 「チキンマックナゲット」の販売を中止いたしました。現在は、「チキンマックナゲット」は他のサプライヤーの製品に切り替えて販売しております。お客様には、ご不便、ご心配をおかけし、大変申し訳ございません。

報道された内容が事実であれば、マクドナルドとしては一切受け入れられるものではありません。マクドナルドでは中国メディアの報道を確認後、「上海福喜食品有限公司」への発注を中止するとともに、直ちに「上海福喜食品有限公司」に事実確認の調査を行っております。

マクドナルドは、お客様に高い「食の安全性」と「品質基準」を満たした商品をご提供することをお約束しております。商品の調達過程の管理におきましては、全ての過程において安全性を確保するとともに、全ての取引先に弊社商品が安全であるために、弊社の厳格な基準を満たすよう要請しております。マクドナルドは、原材料について生産地、加工、物流、店舗内での調理を経てお客様に商品をご提供するまで大変厳しい管理基準を設けています。

当社は、今後も安全で美味しい商品をお客様に安心して召し上がっていただくべく 最善を尽くしてまいります。今後ともマクドナルドをよろしくお願い申し上げます。

平成26年7月22日
posted by すぐ落ちます at 17:34| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中国人は認識が異常なんですよ。日本でも偽装があったように中国でもあるんです。しかも感覚が異常だからその比ではないレベルですね。日本と同じレベルになるにはあと20年はかかるでしょう。国にかかわらず食品には十分な管理をしてほしいものです。
Posted by ひまわり君 at 2014年07月26日 08:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

このブログの記事の無断転載はご遠慮ください。また、引用記事の著作権は引用先にあります。