2012年10月12日

PC遠隔操作

パソコンの遠隔操作が問題になっている。自分のパソコンが知らない間に犯罪に利用されたら、知らないでは済まされなくなる。警察は今回の誤認逮捕に至った経緯を明らかにして今後の対策を練ってほしいね。それにしてもマニアなのかな。愉快犯ならまだいいとしてこれが窃盗や脅迫なんかになれば大変なことだよね。毎日新聞の社説を読んでみようぜ。

毎日社説PC乗っ取り 捜査の過ち繰り返すな

 ネット上で犯罪予告を書き込んだとして逮捕された大阪府と三重県の男性2人は誤認逮捕だった可能性が濃厚だ。パソコン(PC)が新種ウイルスに感染し、乗っ取った第三者が遠隔操作していた疑いが強い。大阪のケースでは、海外のサーバーを経由して遠隔操作されており、犯罪予告の書き込み後に、ウイルスファイルやアクセス履歴がPCから消去されていた。三重県警の捜査でファイル名が分かり、その情報をもとに大阪府警が解析し直して感染の痕跡が確認されたという。

 2人は逮捕当時から「全く身に覚えがない」と容疑を完全に否認していた。2人とも釈放されたが、大阪の男性は起訴までされた。誤認逮捕・起訴だとすれば、捜査のどこに問題があったのか。警察や検察は反省し、経緯を検証すべきだ。所有者が知らないうちにPCを遠隔操作させるウイルスは世界で1日に十数万種類も生まれ、対策ソフトで排除できるのは一部とされる。

 警察庁の片桐裕長官は11日の記者会見で、今回のウイルスを検知し得るソフトを事業者が開発したことを明らかにした。今後の捜査では、このソフトを使用するよう全国の警察に指示もしたという。だが、日々進化する新種ウイルスとのいたちごっこは今後も続く。乗っ取ったPCで所有者に成り済まし跡を消すといった込み入った手口の対策は容易ではないだろう。

 インターネット上の住所であるIPアドレスなどが2人を特定する根拠になった。IPアドレスに頼らない捜査や、警察としてさらにウイルスの解析力を向上させる体制整備を急ぐ努力が必要だ。その上で、本人の言い分にしっかり耳を傾け、証拠の裏付け作業も尽くすなど、より慎重な捜査を心がけるしかあるまい。事件を受け、最高検はIPアドレスから容疑者を特定したケースがあれば、捜査状況を再チェックし、報告するよう全国の検察庁に指示した。適切な処分が行われたのか過去にさかのぼって見直すのは当然だ。

 PCだけでなく、スマートフォンなどネット空間は飛躍的に広がっている。誰もが犯罪に利用され得ることが今回、浮き彫りになった。それだけに、被害を生まないための個人の自衛努力も求められる。 最新のウイルス対策ソフトを導入し、こまめに更新するなど基本的な対策はもちろん、作成者不明の無料や海賊版のソフトをダウンロードしない、心あたりのないメールの添付ファイルは開かないといった慎重な対応が不可欠だ。目に見えない悪意からしっかり身を守りたい。」
posted by すぐ落ちます at 17:35| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
免疫力をつけて身体がウイルスに感染することを何とか避けたい。
同時にパソコンがウイルスに感染することも避けたい。
gooブログにアクセスすると、ウイルスに感染することがあるから、近寄らないことが望ましい。
URLがblog.gooで始まっている。また角の中にgが入った赤いマークが付いている。
ウイルス対策ソフトがパソコンに入っておれば問題ないと思われるが、念のため。
君子危うきに近寄らず。
Posted by 危険goo at 2012年10月12日 18:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

最高検「IPアドレスは証拠にならないらしい。うわぁ気をつけよう」
Excerpt: 1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/10/18(木) 07:49:34.39 ID:eWFwmoRk0 ?PLT(12000) ポイント特典PC遠隔操作 「真犯人」摘発し再..
Weblog: 【2ch】ニュース速報嫌儲版
Tracked: 2012-10-18 12:01

このブログの記事の無断転載はご遠慮ください。また、引用記事の著作権は引用先にあります。