2012年07月26日

最低賃金

最低賃金の問題は以前も書いたことがあると思うんだけどさ。笑ってもいられない深刻な状況になってきたな。いまさらかもしれないけど、やっぱこれは改善しないと日本という国の価値観が変わってしまいかねない。GDP3位の裕福な国だというけど、多くの人は実感がないどころか不満が蔓延している状況だろ。生活保護より収入が低いってどうなってんだろうね。年金問題と一緒に考えないと10年後ぐらいには税金すら払えない人がとんでもない数になっちまうぜ。

毎日社説「社説:最低賃金引き上げ 共働きでも貧困の現実

 働く人の賃金が生活保護よりも低いのはおかしい。産業や職種にかかわりなく、すべての働く人は法律で定めた最低賃金より多くの賃金を得ることが保障されているが、その最低賃金が生活保護よりも低い「逆転現象」がまだ11都道府県で残っているのだ。これでは働く意欲がそがれ、モラルハザードが起きる。最優先して改善すべき課題である。

 2012年度の地域別最低賃金について、中央最低賃金審議会の小委員会は平均7円引き上げることを決めた。昨年に続き低い引き上げ水準である。首都圏や関西圏を中心にした「逆転現象」状態の11都道府県には一定の幅を持たせた目安額を定め、地域の審議会に具体額の決定を委ねることになったが、最高額で引き上げたとしても北海道と宮城県はまだ生活保護に届かない。今年度での解消が無理な場合は「原則2年以内に生活保護との逆転現象の解消を目指す」とされたが、もっと深刻に考えるべきではないか。

 結婚ができない、子どもが産めないという現役世代の貧困は少子化をさらに悪化させ、子育て世帯では子どもの健康や教育に暗い影を落としている。経済にも悪影響を及ぼす。可処分所得が国民の平均値の半分に満たない「相対的貧困」を見ると、日本の子育て世帯は14.2%で、先進国では最も高いレベルだ。子育て世帯の失業率は0.4%。働いているのに貧困にあえいでいる子育て世帯がいかに多いかを示している。

 もともとわが国は正社員の男性が一家の生活費をまかなう賃金を得るという考え方が強く、主婦のパートや学生アルバイトなどの非正規労働者の賃金は低く抑えられてきた。90年代以降に労働者の非正規化が進められ、現在では被用者全体の4割近くを占めるに至ったが、伝統的な雇用・賃金モデルは変わらず、非正規労働者は労使の賃金交渉から排除されてきた。最低賃金の改善が始まったのは、07年の最低賃金法改正で地域ごとに最低賃金を定め、違反者への罰金が2万円以下から50万円以下へと引き上げられてからだ。

 経営者側は最低賃金引き上げへの反発が強いが、相対的貧困を下回る現役世帯のうち、2人以上が働いている世帯が39%を占めている。米国の2倍、スウェーデンやフランスの3倍だ。夫婦共働きでも相対的貧困から抜け出せない社会は異常としかいいようがない。

 08年の自公政権時には「生活保護との整合性だけでなく小規模企業の高卒初任給との均衡を勘案し5年間で(最低賃金を)引き上げる」ことが打ち出された。労使とも重く受け止めて実現すべきだ。働く人が報われない社会に未来はない。」

厚生労働省による都道府県別の最低賃金だけど、全国平均で737円ってことらしい。高いのが首都圏と政令指定都市かな?いや宮城県はだいぶ低い。最高値が東京都の837円や神奈川の836円で、低いのが岩手、高知、沖縄の645円なんだな。時給にして200円近くも違う。まあ地域的な経済効率からみて同じってことはないとしても差があるのは事実だな。8時間働いて1500円程度も違うとなると、ひと月20日働いたとしてで3万円差が出るね。っていうか、差があるのが問題じゃなくて額の低い11の県が問題なんだな。

土地の値段や交通費を考えれば、しょうがないかとも思える額かもしれないな。経営側は払いたくないわけだからいたしかたないのかな。でも、生活保護収入を下回るってのはやる気失せるよな。上げられないんなら生活保護支給額の見直しするしかないだろ。生活保護は最低の生活をするための保障制度かもしんないけど風当たりはどんどん強くなるぜ。ほんとお役所仕事ってのは後手後手だよな。頭悪いんじゃないかと思うほどだぜ。

参考)厚生労働省 地域別最低賃金一覧
posted by すぐ落ちます at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/283173403
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

このブログの記事の無断転載はご遠慮ください。また、引用記事の著作権は引用先にあります。