2015年05月20日

教員資質向上策 国も積極的に役割果たしたい

 今日は学校の先生のお話。ご存知の通り少子化で地方の学校では統合化が進んでいる。地域に4つ有った学校をひとつにまとめようという動きだよね。さてそうなると先生の数も減ることになるわけで、この機会に資質を高めようという意見が出てくるのもうなける。地方ごとのバラツキをなくして一定以上の質を維持しようというものだ。ま、日教組あたりは大反対だろうけどね。読売新聞を見てみよう。

読売社説「教員資質向上策 国も積極的に役割果たしたい

 次代を担う子供たちの学力を伸ばすには、教員の指導力を高めることが欠かせない。

 政府の教育再生実行会議が、教員の資質向上に関する提言を安倍首相に提出した。養成・採用・研修の各段階で、国がより積極的に役割を果たすよう求めたのが特徴だ。

 公立小中高校の場合、教員の養成は大学、採用や研修は各自治体の教育委員会に委ねられている。その結果、内容やレベルにばらつきがあるのは否めない。国が関与することで、全体の底上げを図ろうという狙いは理解できる。資質向上策の一つは、教員が経験に応じて習得しておくべき能力を示す「指標」の導入だ。国が大学や教委と協力して策定する。

 ベテラン教員の大量退職で、若手の教員が急速に増えている。

 変化の激しい時代への対応力を子供たちに身に付けさせるため、課題の解決方法を主体的に考えさせる指導が求められる。教員が一方的に説明する従来型の授業から、児童・生徒に発表や討論の機会を与える新しい授業に転換していくことが重要だ。国が指標作りに関与することには、教員の管理強化を招くとの批判がある。しかし、目指すべき教員像が明示され、大学や教委が方向性を共有する意義は大きい。

 わかりやすい指標を策定し、教員養成のカリキュラムや研修内容の充実につなげることが大切だ。現職教員の研修の場として、実務教育を重視する教職大学院を活用するのも有効だろう。提言が、教員採用試験の共通化に言及した点も注目される。

 現行制度では、都道府県や政令市の教委が個別に、一般教養や教科の専門知識などを問う筆記試験を行っている。さらに、面接や論文、模擬授業などの2次試験で合格者を決めている。

 毎年の筆記試験問題の作成は、各教委にとって大きな負担だ。筆記試験を大学入試センター試験のような共通問題として、国が作問に携われば、試験の水準が均等化される。教委が面接などに力をより注ぐことが可能になろう。実行会議とは別に、自民党は、都道府県教委が発行している教員免許を「国家免許化」すべきだとする提言をまとめた。教員の質を高めるのが狙いだが、文部科学省だけで膨大な事務を処理できるのかといった問題がある。

 文科省は今後、これらの提言の具体化を検討する。優れた人材が教員を志し、その能力を生かせる仕組みを構築してもらいたい。」
posted by すぐ落ちます at 06:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

男はつらいよ(玉置浩二)

 土曜日でおやすみだわ。youtube見ていたら玉置浩二さんの音楽に出会った。で、え?なんで?と思ったのが。玉置浩二が「男はつらいよ」。これって渥美きよしさんの寅さんシリーズの主題歌でしょ。ま、見てみるかと聴いてみた。いいんすよね。

posted by すぐ落ちます at 12:54| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

増える児童虐待 養護施設の支援拡充を

 ニュースを見ていると連日幼児や児童の虐待が報道されている。育児ノイローゼの母親が子供を殴ったとか、バツイチの母親が新たな恋人と同居していてその男性が子供を虐待。ひどくなると子供をカゴみたいなものに入れて動物のように首輪をつけていたなんて話もある。世の中どうなっちゃってるんだろうね?自分の子供だから何をしてもいいってことないでしょ。毎日新聞を見てみよう。

毎日社説増える児童虐待 養護施設の支援拡充を

子どもへの虐待が深刻の度を増している。全国の児童相談所が2013年度に対応した虐待相談は約7.4万件に上った。10年前からの推移を見ると、毎年2000件前後増えてきたが、最近は2年続けて7000件前後も増えている。

 児童虐待の原因は「周囲からの孤立」「育児疲れ」「夫婦不和」などが複合しているが、最近の調査では「経済的困難」や「不安定な就労」が過半数を占めている。子育て世代の経済苦や雇用の不安定が急増の背景にあるのだ。

 子育て支援を重要政策に掲げる安倍政権は、被虐待児の救済やケアにもっと目を向けるべきだ。

 虐待された子どもの多くは児童養護施設や乳児院、自立援助ホームなどの施設に預けられる。最近は家庭的な環境が重視され、里親やファミリーホームへの委託が増えているが、最も大きな受け皿は児童養護施設で、現在も約570施設に3万人以上が暮らしている。

 児童養護施設は親の死亡や離婚で養育者がいない子のための施設だったが、現在入所している子どもの大半は親などによる虐待が理由になっている。もともと養護施設は公的運営費が少なく、給与水準が低いこともあって職員の確保に苦労しているところが多かった。最近は経験の浅い職員が心身に傷を負った子どもたちの対応に悩み、2〜3年で辞めていくケースが多いため、指導的立場の職員が育ちにくく、現場での人材養成がさらに難しくなるという悪循環が起きている。

 児童養護施設の職員の22.8%が子どもからの暴力で心身に傷を負った経験があるとの調査結果がある。打撲など軽傷が多いが、骨折もあり、不眠やうつ、摂食障害などの症状を訴える職員も少なくない。

 もともと乱暴でキレやすい子どもが多いというわけではない。新しい環境になじめず暴力を振るい、パニックになって刃物を手にするのは、暴力にすがらなければ自分を守れないと思っているからだという。

 そうした子どもに対処する知識や経験が職員にあればいい。だが、児童養護施設の職員配置基準は低く、大学や専門学校を卒業したばかりの職員が少ない人数で手の掛かる子どもに対応しかねているのが実情だ。

 戦後の孤児院から始まった児童養護施設は大規模収容型のところがまだ多い。最近は4〜5人が小規模な居住棟で暮らすユニット型も増えているが、もっと家庭的な雰囲気の中で職員配置も手厚くしなければ、被虐待児が増えている現状に対処することは難しいだろう。職員の専門性や管理者の指導力の向上も含め、抜本的な改善が必要だ。」

pen_red.gif 児童擁護施設(ウィキペディア)
posted by すぐ落ちます at 06:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このブログの記事の無断転載はご遠慮ください。また、引用記事の著作権は引用先にあります。